・町内会の「ごみ立当番」情報を探しているうちに「集団回収」に当たりました。

☆時代の傾向かもしれませんが、学校の廃品回収が減ってきたような気がします。

 「集団回収」は、「ごみ減量」や「ごみの資源化」の意識高揚のための「ごみ問題

 「環境教育」の一環としての性格もあるのではないでしようか? 

市民生活を送るうえで「ごみ問題」は必須の課題です。

  児童のうちから環境教育の徹底が必要かと思います。

☆その意味で懐具合もあるかと思いますが、高浜は「助成金」を出しているとはいえ、最低、隣の碧南レベルに合わせることにより、尚一層、ごみに関する意識が高まるのではと思います。

⇒ 出来れば「環境教育の一環として破格の助成」をされてはいかがかと思います。

民間病院の補助助成より生きた血税の使途と思います!

やりたくなる資源ごみの集団回収

 の施策検討をお願いしたいと思います。

---集団回収・助成状況-------☆---    (*H20年・廃棄物処理事業実態調査)

集団回収  古紙・布  ビン/本  金属缶  助成金
 高 浜   3   3   5  5,000円/年
 碧 南   5   5   5  5,000円/年
 刈 谷   5   -   5    -
 知 立   5   3   3    -
 安 城   7   7   7    -

これでは「やる気」が出ません。集団回収に着手前から徒労感を感じます!

やりたくなる「ごみ立当番」への布石的な施策を!